Keep Gaming On

Keep Gaming On

大作ゲームからインディーゲームまで。ゲームニュース、ゲームの感想を個人的な意見とともに。

『GRIS』レビュー、感想と評価。圧倒的なアートワークに言葉はいらない。

一度見たら忘れられないほどの芸術性の高さで一目惚れした『GRIS』。

期待を裏切らない、とてつもなく美しいゲームだった。

※GIFは、右上スピーカーをタップするとサウンド付きで再生されます※

『GRIS』とは

『GRIS』は色鮮やかなアートが特徴的なアクションアドベンチャーゲームです。

主人公のGrisは人生での辛い経験から逃れるために、自分自身の世界に迷い込んでしまった1人の女の子。
深い悲しみの中で、その薄暗い世界を旅する力を持った不思議なドレスをまとっています。

このゲームには主人公の死や失敗がなく、穏やかな世界観で心を揺さぶる体験が詰め込まれています。
鮮やかなアートや丁寧なアニメーション、オリジナルの楽曲で作られた繊細で美しき世界。 Grisを操作してパズルやチャレンジを乗り越えながら、この世界の姿を解き明かしていきましょう。
ec.nintendo.com

ストーリー

突然、女の子が目覚めるところからスタート。

上記の『GRIS』ゲーム説明を読んでおくと、「ああ、精神世界の話なのか」ということが分かる。

ゲーム内ではストーリーがテキストで語られることはなく、セリフも一切なし。

見て、感じる、そういうゲーム。
でも、「高尚すぎて分かりません」なんてことはなく、ちゃんとストーリーは心に迫ってくる。

主人公GRISは辛い出来事をきっかけに声を失い、自分の精神世界を旅していく、これが大まかなストーリー。

哀しく泣いてトボトボ歩いていたGRISは、着ているドレスに不思議な力を宿しながら回復し成長していく。

世界観

色付いていく水彩画

『GRIS』の1番の魅力は、なんといっても圧巻のアートワーク

グラフィックは、どこを切り取っても1枚の絵画になってしまうほど芸術性が高い。
他のどんなゲームとも似ていない、唯一無二の世界観。

画用紙上に描いたスケッチに、水彩絵の具が滲んでいくようなグラフィック。

徐々に色鮮やかになっていく様だけでも、このゲームをプレイする価値があるくらい完成度が高い。

ゲームしてることを忘れる音楽

グラフィックと共に、『GRIS』の精神世界にどっぷり浸かる手助けをしてくれるのが、音楽。

不穏な音楽も流れる瞬間もあるが、全体的に癒しの音楽

プレイしている最中、何度も「あれ?何してるんだっけ?これ、ゲームなんだっけ?」という不思議な感覚に陥った。

癒しの音楽とグラフィックとが相まって、ゲームをプレイしているというより、夢心地に。
主人公GRISと一緒に宙を浮かんでいるような感覚。

ゲームシステム

光る点を集める

歩き回って、光る点を集めていく
一定数の点が集まると、次に進む道が開かれる。

そして、何箇所かでは、光る点を集めることで、GRISのドレスに新たな能力が備わる。

新たな能力を手に入れると、また行ける場所が増えていく。

この光る点を集める時には、それぞれちょっとした謎解きをしなければならない。

謎解きとはいっても、頭をひねって考えるようなパズルではない。

「あそこに行くには、どこから進もうか」「このタイミングでジャンプすれば進めそう」といったアクション的なパズル。

もちろん、物語の終盤に向かうほど、徐々にパズルの難易度はレベルアップしていくが、高度なアクションスキルが求められるようなものではない。


勝ち負けもゲームオーバーも無し

『GRIS』では、敵と戦うとか落下死のようなことは起こらない。

ジャンプに失敗しても、下の地面に着地する。

もちろん、また同じ場所に戻らなきゃいけない面倒くささはある。

でも、同じ場所に、何度でもチャレンジ出来るし、ペナルティも無いし、時間制限もない

とにかく美しい世界観なので、失敗しながらゆったり堪能しながら進むぐらいが丁度いい。

端から端まで美しいので、わざとジャンプに失敗して隅々まで観察するのも最高。

スーパードレス

所々でパワーアップするドレス。

石のように重たい立方体に変身したり、2段ジャンプ出来るようになったり。

それらを駆使して進んでいくことになるが、複雑な操作はない。

その場その場に合った能力を使えば、ちゃんと進んでいける。

やり込み要素

光る輪っか

マップは、大まかなエリアごとに分かれている。

光る点を集めながらウロウロする。
が、基本的には一本道。
迷子になるようなことはない。

しかし正規ルートとは別に寄り道がある

光る点よりは届きにくい場所に、光る輪っかがある。

どれだけ集めたかが実績になる。

見逃しやすい場所に配置されていることや、すぐに戻ってこれない場所に配置されていることも多い。

観光スポット

これまた、寄り道要素。

GRISの精神世界には、彼女の気持ちを象徴するような場所がある。

見逃しやすい脇道から入っていくこともあって、上記の光る輪っかとは違った難しさがある。

評価

良い点

  • 芸術性の高いグラフィックと音楽
  • 文字に頼らなくても伝わるストーリーテリング
  • 浮遊感の演出の巧さ
  • 解放されていくドレスパワーの面白さ
  • 流れるようなプレイ感覚に合ったシンプルな操作
  • ゲームのテンポを損なわないレベルの謎解き

残念な点

  • 視点の遠さが気になる場面あり

感想

とにかく個性光りまくってるアートワーク
もはや体験出来る芸術作品と呼んだ方がいいかも。

かといって、「雰囲気だけ」ではない
ゲーム性もしっかりしていて、謎解きも楽しめるし、アクションも気持ちよかった。

特にドレスでフワフワと降下していく感じ。
ピーチ姫だって出来るけど、それとは違って、GRISの場合は風を感じる浮遊感

効果音やグラフィックで風そのものがハッキリと描かれているわけじゃないけど、確かに風は感じる。

GRISの流れるような動きが、心地いい風を感じさせてくれた。

しかし、マップ全体を見せるためなのか、視点が引き過ぎることがあった。

GRISがかなり遠くて小さすぎて見失うこともあって、「カメラ遠すぎでは?」と思うところが数ヶ所あった。

せっかくの流れるようなアクションが、遠くの方でピョコピョコしてるくらいにしか見えない時もあって、残念。

そして、無いようで、しっかりあるストーリー。

明確には語られないけれど、なんだか分かる。
言葉では説明できない「何か」を感じる。

最後のシーンが美しすぎたのもあって、プレイしている自分の心にフワッと風が吹いて、説明もセリフも何もないけど自然と涙が流れた。

ゲーム全体のボリュームは予想より大きかったけど、長編というわけじゃない。

それでも、がっつりと記憶と心に残る作品だった。

総評

心地いい芸術鑑賞

芸術性の高いゲームが好きな人には、絶対おすすめ。
「芸術とかよく分かんないけど、なんだか心洗われたい」って人にもおすすめ。
プレイ後には、かなり心穏やかになっている自分に気づくと思う。
そして、もちろんアクション好きな人も楽しめる。
アクションの挙動が気持ちいいので、純粋に動かしているだけでも楽しい。



Nintendo Switch版】

【公式ホームページ】
https://nomada.studio/

※画像、GIFは、Nintendo Switch本体シェア機能で撮影

シングルプレイ好きがE3 2019で釘付けになった新作ゲーム。大作からインディーゲームまで網羅。

今年もE3では、たくさんのゲームが新しく発表されたり、新情報が解禁されたり。

例年通りお祭り騒ぎなわけなんだけど、毎回、「こんなにゲーマーっているんだな」と、なんだか嬉しくなってしまう光景。

違う文化の人が、同じものに興奮してワクワクする。
やっぱりゲームってすごい。

E3 2019のプレゼンを見ていて、まだプレイしたわけでもないのに夢中になった期待のタイトル。

オンラインマルチプレイゲームもたくさん発表されたけど、シングルプレイヤーとして夢中になったシングルプレイなタイトルを。

FF7 remake FF7 リメイク』

今年のE3の1番の目玉であり、結果的にも、やはり1、2を争う盛り上がりを見せた『FF7 リメイク』についてのプレゼン。

www.jp.playstation.com

現地では試遊もあったが、評判はかなり好評
全世界にいる『FF7』ファンの期待を裏切らない、いや、期待を超える出来になっているみたい。


www.jp.playstation.com

今のところトレーラーでは登場していないけど、タークスやルーファウスといった神羅側のキャラも好きなので、彼らの登場も楽しみ。

↓ 詳しくはこちら ↓

『Cyberpunk 2077 サイバーパンク 2077』

超絶クールなトレーラーの末に現れたキアヌ・リーブスに会場が湧いていた、ライブ見てた人も驚いた『サイバーパンク2077』のプレゼン。


www.cyberpunk.net

とにかく「すごい…」としか言葉が出なかった。
近未来が舞台のゲームだけど、本当に近未来感溢れるタイトル。


www.cyberpunk.net

個人的には、FPSはほぼプレイしたことがないんだけど、今作で本格的にFPSデビューしたいと思うほど魅力的。

↓ 詳しくはこちら ↓

ルイージマンション3』

開発してるって話があったけど、初めてゲームプレイ画像などが一気にお披露目されたルイージマンション』の最新作。


www.nintendo.co.jp

怯えながら掃除機を構えるルイージが可愛らしい。
これまでのシリーズ過去作はプレイする機会がなかったけど、プレイ動画などでは面白く見させてもらっていた。


www.nintendo.co.jp

「いつか新作が出た時には、今度は絶対に自分でプレイしたい!」と決意していたタイトルなので、発売が待ち遠しい!

↓ 詳しくはこちら ↓

STAR WARS JEDI: FALLEN ORDER スターウォーズ ジェダイ: フォールンオーダー』

チラチラと目には入ってたんだけど、E3でしっかり映像を見て、面白そう!となった『スターウォーズ』なゲーム。

www.ea.com

これまでも『スターウォーズ』を題材にしたゲームはあったけど、レースゲームやシューティングゲーム、対戦ゲームといった印象が強かった。

しかし、本作では、ジェダイの1人となって、しっかりとストーリーやアクションを楽しむシングルプレイのアクションアドベンチャーゲーム


www.ea.com

ゲームプレイ映像も公開されているけど、ブゥンブゥンと誰もが憧れるライトセーバーを振り回して戦ったり、激しくかっこいいフォースによるスーパーパワーで物を止めたり吹き飛ばしたり。


www.ea.com

ストーリーは、『スターウォーズ エピソード3』の直後。
つまり、ジェダイ側が劣勢の状況。
ジェダイとしては、帝国に追いかけられながらなドキドキな状況。

去年、『Marvel's Spider-Man』では、キャラ物では終わらないゲームとしてのクオリティの高さに驚いた。

「ゲームで再現できたら最高なのに!」な映画が、本当にゲームで遊べる時代が来てると思うので、こちらにも超期待!

Hollow Knight: Silksong』

超絶ハマった『ホロウナイト』の続編
発表自体は今年の4月にされてたけど、E3では、ゲームプレイの様子が公開された。
現地では試遊もあったらしい。


hollowknightsilksong.com

相変わらずの探索の楽しさっぷりや死にゲーっぷりで、発売日は発表されなかったけど、発売が一段と楽しみになった。


hollowknightsilksong.com

↓ 詳しくはこちら ↓

ゼルダの伝説 夢をみる島

ニンテンドーダイレクトで発表されてから、特に新情報がなかったけど、E3では発売日まで明らかに。
今年9月に発売って、予想より早い!


www.nintendo.co.jp

グラフィックが、めちゃくちゃ可愛い。
アクションなどは安定の「ゼルダ」品質。
オリジナル版はプレイしたことがないので、個人的にはリメイクとかではなく、新作として待ってます。


www.nintendo.co.jp

↓ 詳しくはこちら ↓

聖剣伝説3 TRIALS of MANA トライアルズ オブ マナ』

E3で発表された『聖剣伝説3』のリメイク。


topics.nintendo.co.jp

ゲームプレイ映像も公開されて、グラフィックやアクションが大幅に進化していて、面白そう!

聖剣伝説2』リメイク作は、あまり評判が良くなくて残念だったけど、『聖剣伝説3』の方は、かなり期待出来る内容。


topics.nintendo.co.jp

オリジナル版はプレイしたことがないので、こちらも、個人的には新作として楽しみなタイトル。

↓ 詳しくはこちら ↓

『ASTRAL CHAIN アストラルチェイン』


topics.nintendo.co.jp

もうすぐ発売のプラチナゲームズによる新作。
これまで公開されてきた映像を見て、「バトル面白そうだなー」くらいにふんわり思っていた。

E3では、ゲームプレイ映像が公開されていて、俄然やる気に。
やっぱりバトルが面白そう!
独特なシステムで、主人公と相棒(?)を駆使する忙しそうなバトルがカッコイイ


topics.nintendo.co.jp

そして、実は1番やる気が湧かなかった理由である、主人公の見た目。
個人的に好みじゃなくて。

と思ったら、キャラメイク出来る!
ゲームプレイ映像では、キャラメイクされたグラフィックも見れたんだけど、結構好きにキャラが作れる。


topics.nintendo.co.jp

これはもうプレイしない理由が見つからない。

二ノ国 聖灰の女王 REMASTERED』

見ているだけで幸せになる二ノ国』の第1作目が蘇る


www.ninokuni.jp

DSでプレイした時には、呪文が載ってる本開くのが楽しかった。
…のはずだったが、途中で面倒くさくなってきて断念したというダメダメな思い出。

より遊びやすくなって(呪文の本は必要なくなってる!)、『二ノ国』の最大の魅力であるグラフィックもパワーアップして発売される。

www.jp.playstation.com

今度こそはクリアしたい!

↓ 詳しくはこちら ↓

『ELDEN RING エルデンリング』

発表されただけで、全く何も分かんないんだけど、楽しみになってしまう、期待してしまう。

フロムソフトウェアからの新作タイトル。


www.fromsoftware.jp

『ダークソウル』っぽい雰囲気がプンプン
『SEKIRO』で初めてフロムソフトウェアのゲームをプレイして大ファンになったけど、『ダークソウル』シリーズはプレイしたことがないので、楽しみ。


www.fromsoftware.jp

また勝手の分からないゼロからのスタートが味わえる!

↓ 詳しくはこちら ↓

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』続編

こちらも詳しいことは何も分からないけれど、ワクワク感が噴出した発表。


www.nintendo.co.jp

ゼルダの伝説BotW』は、自分史上ランキング上位の神ゲー

ゼルダの伝説』の新作じゃなくて、『ブレス・オブ・ザ・ワイルド』の続編っていうとこにはビックリした。


www.nintendo.co.jp

「もっとずっと遊べる」な「ブレワイ」だったけど、続編も発売されたら、もう、どんだけあの世界を味わい尽くせるのか。

↓ 詳しくはこちら ↓

『Spiritfarer』

サイバーパンク2077』に湧いた直後に映像が流れたタイトル。

脳内が「サイバーパァアンク」な状態でも、しっかり釘付けになった魅力的なタイトル。


store.steampowered.com

ジャンルは、農場ゲームや牧場ゲームなどに代表されるマネジメントゲーム

主人公は、船旅をしながら、霊魂と出会い友達になり、そして彼らを死後の世界へ導く、心温まるストーリー。


store.steampowered.com

農業したり釣りをしたり、ゆったりした時間が流れる。

ストーリーももちろんだけど、手描きイラスト調のグラフィックが素晴らしい


store.steampowered.com

今のところ、日本語はサポート無しになっているけど、人気が出て、いつか日本語化されて欲しい!

『GHOSTWIRE: Tokyo』

バイオハザード』シリーズの三上さんが手がける新たなアクションアドベンチャー

東京から人間が煙のように消えていき、忍者のようなキャラが戦う?みたいなトレーラーが公開されたのみで、詳細は分からない。

バイオハザード』みたいなホラーってわけではないらしいけど、ドキドキさせてくれるのは間違いないでしょ。

トレーラーでは鳥居が出現してたり、かなり和な雰囲気のゲームになりそう。

『Sakuna: Of Rice and Ruin 天穂のサクナヒメ』

面白そうだなって思っていたら、E3でゲームプレイ映像が公開されていて、やはり面白そう!と思った「お米」のゲーム


e3.nintendo.com

可愛らしい神さまが戦うアクションRPG

2Dマップで敵をガンガン殴っていくアクションだけど、まず、そのアクションが、コンボ叩き込んでいく感じで気持ちよさそう。


e3.nintendo.com

そして、稲作。
なんと、お米を育てることで、主人公が強くなっていくらしい。
かなり独特なシステム


e3.nintendo.com

お米システムにも爽快アクションにも興味津々。

『FF クリスタルクロニクル リマスター』

すでに発表されていたけれど、新たにスマホ版も発売されることが発表された。

でも、アクションRPGで操作性を優先したいので、個人的にはコンソールでプレイしたい。

実は、大作がバンバン発表されてて、『クリスタルクロニクル』の存在を忘れかけていたけど。
オリジナル版をプレイしたことがないので、新作として楽しみ。

オンラインマルチプレイがも可能だけど、もちろんシングルプレイで楽しむつもり。

Watch Dogs Legion ウォッチドッグス レギオン

街中をハッキングしまくる人気シリーズ『Watch Dogs』。

ナンバリングではないようだけど、ちゃんとハッカー集団「デッドセック」の名前が出て来る。
今まではアメリカが舞台だったけど、新作ではイギリスのロンドンが舞台。


www.jp.playstation.com

1番の魅力は、NPCに見えてる人が、実はNPCじゃないってこと。

街行く人から、気に入った人をスカウトしていく。
そして、スカウト成功した人の中から操作するキャラを選べる。

でも、死んでしまうと未来永劫復活しない。
なかなか厳しい、いやリアルなシステム。


www.jp.playstation.com

キャラごとに得意分野があって、どのキャラで、どんな風にミッションをこなしていくか、かなり自由度が高そう。


www.jp.playstation.com

TRPGではよくあるシステムだけど、キャラがしっかり描かれるアクションゲームでもそんなことが出来ちゃうのか。

Watch Dogs 2』はプレイしたことがあるんだけど、陽気な西海岸の街で、ハッキングしながら自由に遊んでいたら、遊びすぎてメインストーリークリアする前に力尽きた。

新作は重い雰囲気だけど、更に自由度が高くなっていて、また力尽きそうな気がしないでもない。

ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて S』

PS4でプレイした時は、特にやり込みプレイしてたわけじゃないのに果てしないプレイ時間になってしまった。
それくらいボリューム満点だったし、夢中になった。

Nintendo Switchでリリース!と発表された時は、「いやー、正直、まだお腹いっぱい感残ってるからなあ」と思ってたけど。

発表されてる内容見ると、追加要素多すぎない⁈
スマブラ』にも勇者参戦しちゃうし、かなり力が入ってる。


www.dq11.jp

しかも、PS4版とは違って、2Dドット絵版にも切り替えられる親切設計。


topics.nintendo.co.jp

特にPS4版では、ヨッチ族の要素が無かったので、そこは是非ともプレイしたいところ。

秋からは怒涛のリリースラッシュなので、実際発売されてすぐプレイするつもりではないけど、いつかNintendo Switch版で2周目をプレイしたい。


topics.nintendo.co.jp

『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』レビュー、感想と評価。やめ時を完全に見失う病みつき度。

ゼルダの伝説』音楽がノッリノリなリズムになって、リンクがぴょこぴょこ。

それでも、ちゃんと「ゼルダの伝説してる」なリズムアクションゲーム。

大人気インディーゲーム『クリプト・オブ・ネクロダンサー』と『ゼルダの伝説』が豪華コラボ!

※Gifは画面タップすると、もう一度再生されます※

ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』とは

リズムに合わせてダンジョンを探索する『クリプト・オブ・ネクロダンサー』を「ゼルダの伝説」シリーズの設定で楽しむことができる探索×リズムアクションゲーム。

プレイヤーは、リンク、またはゼルダ姫となって、ランダム生成された地上世界とダンジョンを探索。
エストをこなしながらハイラルを救うための戦いを繰り広げます。
『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の面白さはそのままに「ゼルダの伝説」シリーズでおなじみの曲やキャラクターも独特のピクセルアートで多数登場!
ec.nintendo.com

『クリプト・オブ・ネクロダンサー』は、ローグライクダンジョン探索ゲームに、リズムに乗って行動する音ゲー要素が加わったゲーム。


store.steampowered.com

その異色の組み合わせが独特で面白く、病みつき度も半端なく、一躍人気になったインディーゲーム。


store.steampowered.com

そんな『クリプト・オブ・ネクロダンサー』と『ゼルダの伝説』がコラボしちゃうという、これまた異色の組み合わせ。

発表された時には、かなり驚いた。

ストーリー

しっかり『ゼルダの伝説

コラボと聞くと、『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の世界で、リンクやゼルダが操作キャラとして追加されたり、『ゼルダの伝説』なマップが追加されるのかと思っていた。

そんな程度じゃない!

完全に『ゼルダの伝説』の世界
武器も道具も敵も何から何まで『ゼルダの伝説』になっている。

あらすじは、『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の主人公ケイデンスが、どこからともなく吹っ飛んでくると、そこは『ゼルダの伝説』の世界。
始めは、リンクかゼルダ姫となって冒険が始めていく。

もはや、リズムゲームというシステムを取り入れた『ゼルダの伝説』新作。

世界観

ゼルダの伝説 神々のトライフォース』なマップ

本家『クリプト・オブ・ネクロダンサー』は、「ローグライク×リズムゲーム」が売りなわけで、もちろん入るたびに地形が変わるランダムマップ。

しかし、『ケイデンス・オブ・ハイラル』では、マップは変わらない

マップは、ローグライクゲームならではの1画面が1区画という単位になっているが、行ったことのある場所は地図で見れるようになる。

ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の世界観にかなり近くて、プレイしたことのある人なら馴染みのあるマップが広がっている。

ドット絵のチビリンク

『クリプト・オブ・ネクロダンサー』のグラフィックに合わせて2Dドット絵の見下ろし型

昔の『ゼルダの伝説』とほぼ同じ。

敵も2頭身にデフォルメされていて、可愛らしい雰囲気。

お馴染みのBGMがリミックス

BGMまでしっかり『ゼルダの伝説』。

ゼルダの伝説』シリーズを1タイトルでもプレイしたことがあるなら、聞き覚えのある曲がアップテンポでノリやすいリミックスされている

プレイしながら、いつのまにか全身で縦ノリしている自分に気づくほど、かなりノリやすくなっている。

「リズム感が無いから、音ゲーはタイミングが分かんない」というプレイヤーでも大丈夫。
それくらい、簡単にノリやすくリミックスされている。

ゲームシステム

ノリが全て

何をするにもBGMにノらなければならない。

移動も攻撃も石を押すのも、BGMのビートから大きくずれてしまうと「ミス」になってしまう。

画面下のトライフォースに縦棒が合った瞬間が1ビート。
それに合わせて、ボタンを押す。
といっても、画面下を一生懸命見守る必要はない。

via Gfycat

上述の通り、かなり分かりやすいリズムになっているので、自然とビートが刻める。

踊りながら戦う

敵もビートにノッている。
敵ごとに動きにパターンがある
2ビートごと移動したり、2マス分攻撃してきたり。

それぞれの敵の動きを覚えながら、不利にならない場所に移動したり、攻撃タイミングを見極める。

リンク、ゼルダ姫、ケイデンスは、それぞれ異なる攻撃方法がある。
例えば、リンクは回転斬りが出来て、ゼルダ姫は魔法が使えるといった感じ。

敵を倒したり草刈りをすると、通貨であるルピーやアイテムが手に入る。

ビートにぴったり合わせて行動できていると、画面下のトライフォースがビリビリパワーを帯びてくる

via Gfycat

このパワーが大きいほど、敵がドロップするルピーが多くなったり、便利なアイテムが手に入るようになる。

殲滅後は穏やかに

マップ内の全敵を倒すと、ダイヤが手に入り、音楽が穏やかになり、ビートは関係なくなる

via Gfycat

動き放題。

じっくり謎解きをしたり、ゆっくり探索が出来る。

シーカーストーンで復活

ハートがゼロになってしまうと死亡。

死ぬとルピーと装備品(たいまつ、スコップ、防具など)を失ってしまう。

しかし、ダイヤと武器や特定のアイテムは失わない。

復活する時には、ダイヤを支払ってアイテムを持っている状態で復活出来る。

いくつかのマップにはシーカーストーンがあり、触れると青くなる。
復活時には、触れたことのあるシーカーストーンのうち好きな場所を選んでリスタート出来る。

ダンジョンはランダム

各地に神殿があり、『ゼルダの伝説』の伝統行事として、まずは神殿巡りをすることになる。

ダンジョン内は、ローグライク要素が取り入れられていて、入る度に地形やモンスターの配置が変わる。

そして、『ゼルダの伝説』といえば、謎解き。

リズムに乗りながら、ということで、そこまで複雑な謎解きはない。

その分、ランダムマップになっていることで、フィールドとは違う神殿らしさが保たれている。

そして、もちろん、最奥ではボスが待ち構えている。

やり込み要素

武器とアイテム集め

各地の宝箱から武器やアイテムを手に入れる

青色の宝箱を開けて、おなじみの「デーデーデーデーン」と効果音付きで手に入るアイテムは、1度手に入れると死んでも失わない。

リンク、ゼルダ姫、ケイデンス3人とも共通の武器もあれば、特定のキャラしか使えない武器もある。

武器には、攻撃力が高かったり体力回復する特性が付いてることがある。

「大妖精の泉」に行って、好きな特性を付けることも可能。

そして、『ゼルダの伝説』お馴染みのアイテムたち。

爆弾やフックショット、ブーメランなどなど。
冒険が楽になるし、特定のアイテムを持っていなければ到達できない宝箱もある。

ゼルダの伝説』をプレイしたことがある人なら、取れそうで取れなさそうな場所にある宝箱を見ても、「きっと後々、フックショット手に入れて来るんだな」と謎解きしやすいはず。

もちろん、ストーリーのクリアに絶対必要というわけではないアイテムもあるけど、やっぱり集めたくなる。

お店屋さん巡り

ケイデンス以外の『クリプト・オブ・ネクロダンサー』からのゲスト。
お店屋さん

色んなところで商売しているが、ルピーでアイテムを売ってくれる。

お店屋さんの近くを通ると、BGMに歌声が混じって聞こえて来る。
店主がノリノリで大熱唱中。

歌声を聞いてしまうと、お店屋さんを探さずにはいられない。

ちなみに、お店屋さんは、ダンジョン内でも商売をしている。

via Gfycat

ハートのかけら

なぜかお店で売ってたり、そっと落ちていたり、ハートのかけらを集めるのも、やり込み要素の1つ。

体力もアップするし、いいことしか起きないので、見かけたら積極的に取りに行く。

デクの実

各地に地中に埋まったデクナッツがいる。
倒すとデクの実をもらえるが、集めておくと、いいアイテムと交換できるようになる。

地中に埋まっているといえばオクタ。
「あー、またオクタか。めんとくさいなあ」と思っても、デクナッツだったりするので、見逃さないように。

評価

良いところ

  • 昔ながらの『ゼルダの伝説』が楽しめる
  • 自然に縦ノリしてしまうBGM
  • 可愛くデフォルメされた敵
  • 武器やアイテムが豊富
  • 「2Dゼルダ」 の懐かしさ

残念なところ

  • ボスの歯ごたえが少なめ
  • ダンジョンが短め

感想

病みつき

ノリノリBGMに合わせてボタンを押す、とにかくプレイしているだけで楽しい
それで『ゼルダの伝説』世界なんだから、更に楽しい。

音ゲーは、ほぼプレイしたことがないんだけど、それでもすぐに虜になってしまうくらいプレイしやすい。

まず、ゲームスタート前に「キャリブレーション」でボタン入力とBGMのタイミング合わせが出来るので、プレイ環境によって「あれ?なんか微妙にズレてる?」みたいな余計なストレスが起きない。

そして、死んでしまっても、リスタートがかなり早くて、ロード待ちの瞬間はほぼ無い。

ストレスになってくる要素が無いので、ゲームスタートしてから、一気に病みつきになってクリアした。

ゼルダの伝説』のBGMがいい感じにノリノリアレンジされているのも病みつきになるポイントで、ゲームを終えても耳の奥で鳴ってる。

このアレンジが上手くて、音ゲーの経験がなくても、かなりビートが分かりやすく、「リズムが分かりません!」という難しさは無かった。

via Gfycat

とにかく最初から最後まで快適にプレイできた。
ノリが大切なゲームなだけに、終始ノリノリでプレイが出来た。

本家より遊びやすくクリア出来る

本家の『クリプト・オブ・ネクロダンサー』は体験版で少しだけプレイしたことがあるけど、もっと難しかった印象が残っている。

まず、アイテムや敵が初めて見るものばかりなので、1から覚えるっていうのもあるし、ローグライクなので、死ねば完全に最初から新たなマップでやり直し。


store.steampowered.com

ダイヤもそんなに簡単に手に入らなかった記憶がある。

一方で、「ゼルダなネクロダンサー」の方は、死んでしまっても行った場所は地図に残されて、フィールドマップは変わらない。

かなりライトなローグライトで、死んでも先に進んでいくことが出来る。

そして、アイテムや敵はお馴染みの奴らばかりなので、やはりアイテムがどういう効果とか、どう攻撃してくるとか予想がつく。

ゼルダの伝説』プレイしたことがある人にとっては、より取っつきやすいと思う。

ダイヤも手に入りやすくて、困ることはなかった。
でも、実際には、ダイヤに頼らなくてもクリアしていける難易度。
それくらい高確率でアイテムがドロップする。

ダンジョンとボスは優しめ

ダンジョンはローグライクになっているけど、そんなに長くない、というか短い。

そして、進捗状況はセーブされるので、途中で死んでしまっても、「ダンジョン始めからやり直し」とはならない優しい設計。

最奥で待ち構えるボスは、巨大だけど、歯ごたえがフニャフニャ。

このゲームって、ビートに乗りながら立ち回って、敵のダンスを把握して捌いていくっていうところに難しさがあるんだと思うけど。

ボスは1体。
そう、狙う相手が1体だと、そこまで難しくない。

via Gfycat

雑魚敵の大群の中で、全員を倒そうとダンスする方が、やりごたえがある。

まあ、ボス戦はイベントの一環という立ち位置かと
ボス部屋に行くまでの方が、このゲームのメイン。

導入として最高なのかも

とにかく楽しい、世界観最高!とぴょこぴょこ跳ねまわっていたら、終わった。
やり込み要素もあるし、予想よりは結構遊べる。

でも、物足りなさは感じる
終盤になると、ビート刻みまくれる!敵の動きも全部把握しちゃった!てなる。

もっとプレイしたい!

そう、そうしたら、本家『クリプト・オブ・ネクロダンサー』がある

本来は『クリプト・オブ・ネクロダンサー』から派生した「feat. ゼルダの伝説」。
しかし、「feat. ゼルダの伝説」である『ケイデンス・オブ・ハイラル』を先にプレイしてしまうと本家をプレイしたくなる。


store.steampowered.com

実際、『クリプト・オブ・ネクロダンサー』体験版をプレイした時は、面白いけど病みつきになるまで、「慣れ」が必要そうだった。
というわけで、本編プレイは後回しにしてしまってた。

しかし、より遊びやすくなった『ケイデンス・オブ・ハイラル』でビートの刻み方に慣れると、スムーズに本家に入っていけそう。

もしかしたら、『ケイデンス・オブ・ハイラル』は、本家『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の最高なチュートリアルでありプロモーションなのかもしれない。

総評

ちゃんと「ゼルダ」なノリ

ゼルダの伝説』シリーズ好きには絶対おすすめ。
ゼルダ」クオリティが終始保たれている。
音ゲーの要素はそこまで色濃くなく、リズム感のあるアクションとして楽しめる良作。
操作も簡単で気軽に楽しく遊べる。



※出典元記載のない画像は、Nintendo Switch本体のスクリーンショット機能で撮影※

『ドクターマリオワールド』配信日決定!スマホで白衣のマリオがお薬処方。

少し前に、任天堂とLINEが共同開発するドクターマリオの何かしらのスマホゲームが発表されていた。

ついに配信日決定!
β版テストとかではなく、サービス開始ってこと。
ゲーム内容も公開された。


topics.nintendo.co.jp

ドクターマリオ』とは

ファミリーコンピューターの頃から人気の落ち物パズルゲーム
マリオが白衣を着て、ウィルスをカプセルで退治(治療?)していく。


www.nintendo.co.jp

ルールはシンプルで、同じ色を4つ合わせる。
同色のカプセルとウィルスが4つ並ぶと消える。

画面内のウィルスが全て消滅するとステージクリア。

ドクターマリオワールド』とは

ドクターマリオ』の完全新作。
といっても、今までとルールが違う部分も。


任天堂公式トレーラーより

3つでいい?

3つ揃えてウイルス退治
プカプカ浮いてくる赤、青、黄色のカプセルを操作。
同じ色をタテ・ヨコ3つ揃えてウイルスを消すシンプルなパズルゲームです。
カプセルを使い切る前にウイルスを全部退治しましょう。
drmario-world.com


任天堂公式トレーラーより

オリジナルのルールでは、同色4つを並べると消えるルールだったが、3つで消えてしまうらしい。

スマホゲームということで、最近のパズルゲームの流れに合わせてマッチ3にしたのかな。

下から上へ

落ちものパズル」と呼ばれるように、オリジナルでは、上からカプセルが降ってくるのを移動させるゲームだった。

しかし、『ドクターマリオワールド』では、カプセルが下から上へ浮かんでくる

スマホでは、画面の下の方を操作する持ち方になるので、見にくくならないようにしたってことか。


任天堂公式トレーラーより

「上から下へ」だったのが「下から上へ」に変わっただけなのに、なんだかすごく新鮮。

操作方法

カプセルに直接タッチして動かすことができる。
タップするとカプセルが回転。


任天堂公式トレーラーより

クッパまで医者に

マリオたちと、きれいな世界を取り戻す
突然、大量発生したウイルスに世界が汚されて、みんな大慌て。
「ステージモード」では、白衣に着替え、カプセルをたずさえたマリオたちとウイルス退治の冒険に出かけます。
冒険の舞台は5ワールド200ステージ以上。
今後も定期的に新しいワールドが追加されていきます。
drmario-world.com


任天堂公式トレーラーより

決められたカプセル数で画面内のウィルス駆除が出来ればステージクリア。
次のステージに進めるようになる。


任天堂公式トレーラーより

しかし、ストーリー性があり、操作キャラもマリオだけではない。

ウィルス蔓延してパンデミックになってしまっては困ると、マリオやピーチ姫が白衣を着て奮闘。
そこまでは想像つく。


任天堂公式トレーラーより

クッパ軍団もウィルスは困るらしく、なんとクッパ大魔王自ら白衣を着て参戦

甲羅の上から白衣を羽織れるのかと心配になるが、ちゃんと甲羅の下に着ている。


任天堂公式トレーラーより

なんていうか、「クッパ大魔王が除菌」って、なんていうか、シュール。

キャラごとに特技があるみたいで、ピンチの時に一発逆転したり、高スコアも狙える。


任天堂公式トレーラーより

操作出来るキャラは、コインやダイヤモンドを払うことで解放されていく。

コース内のギミック

画面にはウィルス以外に、ノコノコの甲羅や爆弾がある。

カプセルで起動すると、甲羅がバシバシとウィルスを吹き飛ばしてくれたり、ギミックごとに効果が異なる


任天堂公式トレーラーより

うまく使えば、カプセルの節約が出来るはず。


任天堂公式トレーラーより

そして、ウィルスを消していくことで溜まるゲージが満タンになると、スーパー万能薬であるレインボーカプセルが使えるようになる。


任天堂公式トレーラーより

オンライン対戦

ともだちや家族、世界中のプレイヤーと
LINEやFacebookと連携して、ハートを送りあってスタミナを回復したり、どこまで進んだかを競ったり、フレンドとの遊び方もいろいろ。 そして、オンラインで直接対戦する「VSモード」も搭載。

スコアを競うのはありそうだけど、オンラインで対戦まで出来るとは。


任天堂公式トレーラーより

色々なキャラで対戦が楽しめそう。

気になる配信日や料金は?

2019年7月10日配信開始

iOSandroidどちらも対応予定。
App Storeでは予約も始まっている。

料金は、基本プレイ無料だが、ダイヤモンドに課金出来る。


任天堂公式トレーラーより

ダイヤモンドは、お助けアイテムやコンティニュー、ゲームをプレイするスタミナであるハートの回復に使える。


任天堂公式トレーラーより

トレーラー



【公式ホームページ】
https://drmario-world.com/ja-JP/index.html

App Store

ドクターマリオワールド

ドクターマリオワールド

  • Nintendo Co., Ltd.
  • ゲーム

Google Play

『Hollow Knight: Silksong』プレイ映像公開と詳細判明。『ホロウナイト』続編でも高品質に死ぬメトロイドヴァニアは健在。

名作インディーゲーム『ホロウナイト』の続編『Hollow Knight: Silksong』

可愛らしいグラフィックと雰囲気抜群な世界観、それでいて歯ごたえゴリゴリなアクションと、大作タイトル顔負けの広大マップ、どこをとっても一級品の『ホロウナイト』の続編。

その続編『Silksong』の実際のプレイ映像がE3 2019で初公開された。


hollowknightsilksong.com

Hollow Knight: Silksong』とは

崩壊した虫の王国「ハロウネスト」で、ホロウナイトの戦いが繰り広げられた前作『ホロウナイト』。

前作では、敵として対峙し、ラスボス戦では共に闘った赤いワンピースの「ホーネット」が主人公となる。


hollowknightsilksong.com

ホーネットが、何故かハロウネストではない場所に連れて来られて目覚めるところから冒険が始まる。

なぜ連れてこられたのか、一体どういう場所なのか探っていく。

プレイ映像で分かること

前作『ホロウナイト』と似ている部分

アートワーク

前作『ホロウナイト』と同じく2Dの手描きイラスト調グラフィックで、敵味方ともに虫がモチーフとなった可愛らしい雰囲気。


hollowknightsilksong.com

音楽と効果音、環境音も雰囲気抜群なのは、今作でも健在。

洞窟に響く虫の羽音や滴の音、癒されるような物悲しいようなBGMも相変わらずの高クオリティっぷり。

基本のアクション

前作でホロウナイトは「ネイル(釘)」を使って敵をガシガシ斬っていた。

新作の主人公ホーネットは、前作で登場した通り身の丈以上ありそうな針を使ってキンキン斬っていく。


hollowknightsilksong.com

敵を斬る、ジャンプ、ダッシュなどホロウナイトと基本のアクションは同じ

メトロイドヴァニア

前作『ホロウナイト』の魅力の1つである広大で入り組んだマップ。
メトロイドヴァニアスタイルで探索していく


hollowknightsilksong.com

『Silksong』でも、そのスタイルは同じで、たくさんの新しいマップが登場し、探索しがいのあるダンジョンが広がる。

取り憑かれた虫

前作『ホロウナイト』と同じく、敵は何かに取り憑かれたようにホーネットを襲ってくる。

前作『ホロウナイト』とは違った「何か」らしい。


hollowknightsilksong.com

新作では、新たに150種類以上の敵が登場するらしく、倒し方を死にながら探りながら覚えていくのが、また楽しくなりそう。

『ホロウナイト』は死にゲーと言われることも多いが、新作でもボス戦はしっかり歯応えがあるとのこと。

前作『ホロウナイト』から変わった部分

ちょっと身軽なホーネット

ゲームプレイ映像を見ていると、ホーネットはジャンプであと少し届かなさそうな段差をよじ登っている。

前作のホロウナイトは、そんなことは出来なかった。
腕が短かったのかもしれない。


hollowknightsilksong.com

そして、前作『ホロウナイト』のボス戦では、死と隣り合わせだった回復タイム。

敵を倒して溜まっていくソウルを使って、「はぁああああ」と一定時間集中すると体力が回復する。
その「はぁああああ」の間は無防備になるので、ボス戦では回復するタイミングが見つけられないことも多かった。

しかし、新作では、サッと回復する
しかもジャンプ中でもサッと回復する。

前作よりも更にハイスピードなバトルになりそう。

ジオ以外の通貨

敵を倒すと、前作でも登場した通貨であるジオが手に入る。
死ぬとジオを失ってしまうのは同じ。

しかし、もう1つの通貨「Rosary」が手に入ることもある。


E3 2019プレイ映像より

Rosaryの方は、死んでもゼロになってしまうわけではないらしい。

手先が器用なホーネット

『ホロウナイト』では、「チャーム」と呼ばれるバッジのようなものを付けることによって、様々な技や効果が使えるようになった。

『Silksong』では、ホーネットが道具を作るらしい。
爆弾や罠など、作っちゃうらしい。
ホーネットは、武器が裁縫道具の針だし、手先が器用なのかも。

新作では、チャームではなくホーネット自身が作った道具を装備し変えていくことで、様々な戦術が可能になるんだと思う。


hollowknightsilksong.com

誰に払うお金なのか

道具には使用回数制限があり、徐々に壊れていく

前作でチェックポイントであり回復ポイントであったベンチは、『Silksong』でも同じ役割を果たす。
しかし、もう1つ、ベンチに座るとジオを払う

ベンチ使用が有料になったわけではなく、ジオ支払いによって壊れた道具が回復し、また使えるようになるらしい。


E3 2019プレイ映像より

いわゆるRPGでの魔法や技にあたるものが「道具」で、その使用に必要なMPをベンチで回復できるけど費用がかかるってことか。

『SEKIRO』の「形代」に似てる。

しかし、ベンチでジオを払うって、一体そのお金はどこに吸収されていっているのか…。

ちなみに、上記の第2の通貨「Rosary」は、アイテムを買うのに使うようだ。

糸を紡ぐ

『ホロウナイト』では、敵を斬ったり道中の石像を叩くとソウルを得ることが出来た。

ソウルは、回復と魔法に使うことが出来て、どちらに使うかやりくりに悩むことが多かった。

『Silksong』では、ソウルにあたるものが、タイトル通り「Silk」な糸になっている


E3 2019プレイ映像より

敵を斬ったり道中で集めることで貯められるのは前作同じ。
そして、回復と技に使用できる。

この「技」というのは、道具による技ではなく、針を使った特殊攻撃のこと。

『ホロウナイト』でボスとして登場した時にホーネットが繰り出していた、糸巻き巻き攻撃などが、新作では「Silk」を使うことで繰り出すことが出来る。


hollowknightsilksong.com

前作で苦しめられた、針をフックショットのように使う技が自分で出来るようになるのは嬉しい。

向かう方向

これ、前作と1番違う部分かもしれない。

『ホロウナイト』では、寂れた町「ダートマウス」からアリの巣状に広がる地下をどんどん下へ潜っていった。

しかし、『Silksong』では、どんどん上へと登っていくことになる。


hollowknightsilksong.com

「ハロウネスト」とは違う連れてこられた王国の頂上が目的地。

メトロイドヴァニアらしく、アビリティを手に入れるごとに、徐々に探索できる高度が上がっていく。

実際のプレイ映像

気になる発売日は?

発売日は未定。

PC向け、そして、Nintendo Switch向けに発売予定。

Steamの『Silksong』のページでは、日本語対応と記載されている。
そうなると、日本のNintendo Switch版も発売されるんじゃないかな。

とにかく、発売が楽しみ。

トレーラー

『聖剣伝説3 TRIALS OF MANA トライアルズ オブ マナ』発表。『聖剣伝説3』フルリメイク決定!

E3 2019で発表された聖剣伝説3』のフルリメイク

オリジナル版から劇的に変わってる!
もはや別ゲーム。


topics.nintendo.co.jp

聖剣伝説3』とは


topics.nintendo.co.jp

かつて、世界がまだ暗黒に閉ざされていた 頃、マナの女神は、世界を滅びに導く、8つの災厄の化身である「神獣」を「マナの剣」によって打ち倒し、8つの要石の中に封印した。
かくして闇は去り、世界は創造された。
マナの女神は、樹に姿を変えて眠りにつき、永い年月が過ぎ去った......。
しかし、8つの要石から再び神獣を解き放ち、神をも超える力を手に入れ、世界を我が物にしようと企む者達によって争いが起き、平和は終わりを告げた......。
地上からは急速にマナが失われ、マナの樹も枯れ始めた......。
www.jp.playstation.com

1995年にスーパーファミコンで発売された『聖剣伝説3』。

聖剣伝説』シリーズなので、もちろんアクションRPG

主人公は6人から選択
どのキャラを主人公にするかによってストーリーが変化する。


topics.nintendo.co.jp

3人パーティで進んでいくが、あとの2人も好きに選択できる。
この3人の組み合わせでセリフが変わるので、当時は周回プレイするプレイヤーも多かったはず。

選択したキャラによるストーリー変化、そしてスーパーファミコン後期の超美麗ドット絵で評価の高かった作品。


topics.nintendo.co.jp

リメイクで大幅に変わる

グラフィック

2Dドット絵だったオリジナル版から大きく変わり、フル3D化

メインキャラ6人もがっつり3D化されボイス付きに。


topics.nintendo.co.jp

聖剣伝説2』のフルリメイク『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』のグラフィックと雰囲気は似ているが、より鮮やかに美しくなっている。

そして『聖剣伝説2』リメイクでは、ドット絵時代の見下ろし型のテイストが残っていたが、『聖剣伝説3』リメイクでは、キャラの目線の高さの視点になっていて、没入感がしっかり。

そして、フィールドはかなり奥行きの感じられて、もはや2Dが元になっているとは思えないほど、がっつり3D化されている。

聖剣伝説』シリーズならではの緑溢れるフィールドも美しい。

バトル

オリジナル版よりアクション性が高くなり、「強攻撃」「弱攻撃」があり、組み合わせてコンボも出来る。


topics.nintendo.co.jp

更に「ジャンプ攻撃」もあったり、レベルアップによって覚えるアクションもあったり。

オリジナル版では、あまり動かなくても良かったバトルから、しっかり動き回るバトルになっている。


topics.nintendo.co.jp

「魔法がメインのキャラだとバトルが大変」といったキャラごとにバトルの難易度が大幅に変わらないよう調整もされているらしい。

ゲームプレイ映像を見ると軽快アクションで、『聖剣伝説2』のリメイク作で残っていた微妙な反応の遅さやモタつきは無さそう。

リングコマンドシステムは、もちろん健在。

気になる発売日は?

2020年初頭に発売予定

Nintendo SwitchPS4、Steamで発売予定。

公開されたトレーラー

実際のゲームプレイ映像

始めは『聖剣伝説コレクション』に収録されているオリジナル版『聖剣伝説3』のプレイ映像。
5:10から『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』のプレイ映像。
見比べると劇的な変化がよく分かる。


もはや新作として楽しめる激変ぶり
聖剣伝説2』リメイクは、評価がイマイチだったところもあったけど、今作はかなり期待大!



※情報参照元
【公式ホームページ】
https://www.jp.square-enix.com/seiken3_tom/sp/

【開発者へのインタビュー】
www.4gamer.net

美しい二ノ国が蘇る『二ノ国 白き聖灰の女王 REMASTERED』今秋発売!

E3 2019で公開されたニンテンドーダイレクト

「これから発売されるタイトルをまとめてご紹介」な感じで、一気にたくさんのゲーム映像が流れた。

そのなかに見逃せないタイトルが!
突然現れたので、「え?え?」となったが、見間違いではなかった。

二ノ国』第一作目がリマスターされて蘇る


www.jp.playstation.com

二ノ国』とは

現実世界である「一ノ国」とは違う、もうひとつの世界『二ノ国』。


www.ninokuni.jp

レベルファイブスタジオジブリ、そしてジブリ音楽といえばの久石譲さんがコラボする、超豪華シリーズ。

ジブリのアニメーションが最大限活かされた美麗グラフィックと王道で心を打つストーリーが魅力的なタイトルが展開されている。

この夏には映画も公開される人気シリーズ。

二ノ国 白き聖灰の女王』とは


www.jp.playstation.com

母を救うため二ノ国を訪れた少年オリバーを常に監視する謎の組織エルダードゥークと灰の女王レイナス
彼らは一体、何者なのか?そして突如、世界に降り注ぐ謎の灰により人々は姿を変えられてしまい、二ノ国の国王までもがオリバーに襲い掛かる!
オリバーは混乱する二ノ国、そして最愛の母を救えるのか!?
store.playstation.com

2010年にDSで発売された『二ノ国』第一作目である『二ノ国 漆黒の魔導士』。
購入するとゲームソフトとともに分厚い本が付いてきた。

使いたい魔法のページを開き、描かれている魔法文字と同じ形をタッチペンで描くという斬新なスタイルだった。

そして、2012年には、キャラや要素が追加され、グラフィックが向上され、更にバトルシステムも変わり、『二ノ国 白き聖灰の女王』として PS3向けに発売された。

二ノ国 白き聖灰の女王』と『二ノ国 漆黒の魔導士』はタイトルは違うがストーリーは同じ。

リマスター版の内容

更に美しくなるグラフィック

去年発売された『二ノ国2 レヴァナント・キングダム』では、ジブリ映画のままのクオリティでぬるぬる活き活き動くグラフィックに夢中になった。


www.ninokuni.jp

PS3二ノ国 白き聖灰の女王』では、既にDS版よりグラフィックが飛躍的に向上していたが、リマスター版では4Kでもプレイ可能なほど更にグラフィックがパワーアップ


www.jp.playstation.com

二ノ国2』に引き続き「ジブリ映画が動かせる!」体験が楽しめる。

DLC全部盛り

PS3二ノ国 白き聖灰の女王』で配信されたDLCが、全て同梱される

エストやアイテム、そしてプロダクトコード特典だった金ぴか「イマージェン」達も収録される。


www.ninokuni.jp

ちなみに、イマージェンとは、主人公とともに戦ってくれる頼もしい不思議な生物。


www.ninokuni.jp

イージーモード

ジブリアニメで王道ストーリーということで、かなり幅広いプレイヤーが楽しめる。

PS3DLC全て盛りの「オールインワンエディション」が発売された時に搭載されていた「イージーモード」もリマスター版では選択可能。


www.ninokuni.jp

ゲーム内容

バトルシステム

バトル中は好きに動くことが出来るが、行動はコマンド入力。


www.jp.playstation.com

共に戦う仲間やイマージェンを操作することも可能。


www.ninokuni.jp

しかし、バトル中にイマージェンを操作しているとイマージェンは疲れてきてしまう。
控えのイマージェンに切り替えながら戦っていくこととなる。

「魔導書」はページ集めに変化

上述のDS版で同梱されていた分厚い本だった「魔導書」。

その魔導書を見ながらタッチペンで書いて魔法を発動していた第一作目だが、PS3版になってからは覚えている魔法をコマンド入力するシステムに変化。

魔導書はページが抜け落ちていて、冒険の途中で拾い集めることで新たな魔法が使えるようになる。

気になる発売日は?

2019年9月20日発売予定

Nintendo SwitchPS4、Steam向けに発売される。

リマスター版トレーラー



【公式ホームページ】
https://www.ninokuni.jp/switch-ps4-steam/

『あつまれ どうぶつの森』映像公開。実際のゲームプレイ映像も!新たなスローライフは無人島。

新作作ってるよって言われていたが、新しい情報がないままだったどうぶつの森』の新作

E3 2019で、遂に映像公開。
詳細が少しずつ明らかに。

どうぶつの森』とは

2001年に第1作目が発売され、大人気となった任天堂の看板タイトルの1つ。

個性的などうぶつだらけの村で、気ままに暮らすことだけが目的スローライフゲーム。


www.nintendo.co.jp

自分の家を飾ったり、他の村人(どうぶつ)と会話したり、老若男女問わずプレイできる、ほのぼの平和なゲーム。

ここ何作かは、3DSスマホといった携帯機で発売されてきた。

新作『あつまれ どうぶつの森』について

無人島で生活

村にやって来るところから始まる『どうぶつの森』だが、新作では無人島で生活が始まる


www.nintendo.co.jp

遭難して漂着したわけではない。

主人公は、シリーズお馴染みキャラであるタヌキの「たぬきち」の新事業「たぬき開発」による「無人島移住プラン」に参加して無人島にやって来る。

無人島ということは、開拓し放題ということ。

ちなみに無「人」島なので、どうぶつ達はもちろんちゃんといて、そこかしこを歩き回っている。


www.nintendo.co.jp

これまでの要素は全部盛り

家を建てて、畑を作り、釣りをして、クラフトして、お買い物して。
スマホ版を含め、これまでのシリーズ作品で登場した要素は、ほぼ全て登場する


www.nintendo.co.jp

特にクラフト要素はボリュームアップしているようで、色々な家具が作れるレシピが登場する模様。

アイテムを手に入れるとレシピを思いついたり、住人から新たなレシピをぴ教えてもらったりして、どんどん増えていく。

好きなところに好きなもの

家具は自宅の外にも置くことが出来るように


www.nintendo.co.jp

また、これまで釣りをするくらいしかなかった海岸。
その海岸にテントを張ることも可能で、島生活が満喫できるビーチテントなんてのも出来る。

スマホ活用して写真も撮り放題

無人島だけど、電波はバリバリで、スマホを活用する。

スマホからレシピを選んで、家具などをクラフトする。


www.nintendo.co.jp

また、スマホには写真アプリが備わっていて、Nintendo Switch本体のスクショではなくゲーム内で写真が撮れる

表情を変えたりも出来るし、自分で開拓した無人島写真をSNSへの投稿するプレイヤーが増えそう。

「たぬき開発」の無人島体験キャンペーン

たぬきちが始めた新事業「無人島移住パッケージ」。
無人島に連れて来るだけではなく、その後の無人島ライフもサポートしてくれる。

たぬきちのテントでは、「まめきち」がアイテムを買い取ってくれたり、生活をサポートしてくれる。


www.nintendo.co.jp

そして、「たぬきマイレージ
どこかに行ったとか、何かをクラフトしたとか、クエストのように条件クリアすると、マイルが貯まる。

このマイルを貯めると、クラフト用レシピやレイアイテムが手に入る。

アフターサービスも手厚い「たぬき開発」。

人間と触れ合う

初めて他プレーヤーとの同時プレイにも対応。

Joy-conおすそ分けプレイで、同じ島に住む他プレイヤーを呼び出せる。

オンラインマルチプレイについては不明。
トレーラーでは、何人もの人間がワラワラしているので、オンラインマルチプレイも出来そうだけど。


e3.nintendo.com

どうぶつの森』といえば、自分以外は動物。
しかし、人間と共に遊べるのは初めて。

遊びに来た人は、クラフトに必要な材料を集めるお手伝いが出来る。

気になる発売日

2020年3月20日に発売決定

2019年内発売の予定だったけど、少し延期されることになった。

公開されたトレイラー

ゲームプレイ映像

可愛すぎ!フルリメイク『ゼルダの伝説 夢をみる島』発売日決定。ゲームプレイ映像も。

2月のニンテンドーダイレクトで発表されていたゼルダの伝説 夢をみる島』のフルリメイク作

E3 2019では、新しい映像やゲームプレイ映像、そして発売日まで公開!


e3.nintendo.com

ゼルダの伝説 夢をみる島』とは

1993年にゲームボーイで発売されたていたタイトル。

船で旅をしていたリンクは遭難してしまい、目覚めると知らない島。
島から脱出するために、楽器を集めて島の神を起こそうと奮闘する。


www.nintendo.co.jp

フルリメイク

可愛い可愛いグラフィック

見下ろし型で2頭身リンクが動き回る昔ながらの『ゼルダの伝説』スタイル。

クレイアニメのような雰囲気で、とにかく可愛い。


www.nintendo.co.jp

敵もNPCもそのままシルバニアファミリーにでも出て来そうな可愛さ。


e3.nintendo.com

アクションはいつも通り

剣を振り回して、雑草もニワトリも斬ってしまうのは、いつもと同じ。


www.nintendo.co.jp

ダンジョンを進み、ゼルダならではの謎解きを繰り返し、ボスを撃破する。

実際のゲームプレイの様子も公開されていたが、チビリンクが勇ましく剣を振り回し、ちょこちょこ動き回る軽快なアクション。


www.nintendo.co.jp

新要素

ダンジョン作り

冒険の途中、不思議なパネルを手に入れる。
このパネルを使うと、好きにダンジョンを作ることが出来る


www.nintendo.co.jp

作ったダンジョンでは、もちろんアイテムも入手可能。

入るたびにマップが変わるローグライクダンジョンの製作者になれる。


www.nintendo.co.jp

マリオメーカー』のゼルダ版のような感じ?

鬼畜ダンジョンやお宝ザクザクダンジョンなど、どこまで自由に出来るか楽しみ。


e3.nintendo.com

マリオとコラボ

スーパーマリオ』の敵キャラが登場。
ワンワンやパックンフラワーが登場するみたいだけど、単純に敵というわけではなさそう。

ゲームプレイでは、ワンワンはリンクを攻撃せず、文字通り「ワンワン」と鳴いて懐いている雰囲気。

公開された映像

気になる発売日

2019年9月20日に発売予定
既に予約も始まっている。

2月に発表されたばかりなので、2019年内に発売とは言っても年末あたりに発売かと思ってたので、予想よりかなり早い!


www.nintendo.co.jp

オリジナル版はプレイしたことないので、個人的には『ゼルダの伝説』新作として楽しみ。

ゲームプレイ映像

『ファイナルファンタジー』音楽が聴き放題!超大量。一挙配信。耳から思い出が蘇る。

ゲーム音楽といえば、おなじみのマリオ「1-1コース」の曲、ドラクエのテーマ曲等、たくさんの名曲がある。

なかでも、スクエニのゲームは神曲が多い。

実は、少し前からひっそりスタートしていたけど、遂に公式発表。

ファイナルファンタジー』シリーズのほぼ全曲が、サブスクリプションサービスで配信開始!


www.jp.playstation.com

気になる配信サービスは

上記のサービスで配信が開始されている。
音楽サブスクリプションサービスの有名どころばかり。

しかし、他に有名どころであるGoogle Play Musicでは配信されていないようだ。

配信される曲は?

ナンバリングタイトルのオリジナルサウンドトラックに収録されている曲は、全て配信されている。

さらに『クライシスコア FF7』や『FF 零式』『チョコボの不思議なダンジョン』など、ナンバリングタイトル以外もかなり多くのタイトルが網羅されている。


www.jp.playstation.com

例えば、結構前のスピンオフ作である『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』のサウンドトラックまで配信されていて驚いた。

そして、オリジナルサウンドトラックだけではなく、「ピアノコレクション」といったアレンジアルバムも配信されている。

全部聴き終えるには一体どれだけ時間がかかるのか。
膨大な数の曲が聴き放題。

朝イチから白熱ボスバトル曲をガンガン流したり、チョコボのテーマ曲で気の抜けたランチタイム、思い出の感動シーンBGMで涙する夜、一日中FF漬けになれる。

今後は『オクトパストラベラー』や『クロノトリガー』といった他のスクエニ音楽の配信にも期待。


www.jp.square-enix.com

配信開始に合わせたキャンペーン開催中