Keep Gaming On

Keep Gaming On

大作ゲームからインディーゲームまで。ゲームニュース、ゲームの感想を個人的な意見とともに。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』初心者・根性なしの生き残り方。

派手でかっこいい「忍殺」と、スタイリッシュで爽快な「鉤縄」に一目惚れして買った『SEKIRO』。

高難易度だと定評があるフロムソフトウェア製「死にゲー」初心者が、ゲームの腕に覚えもなく、根性も無いまま、過酷な戦国末期を生き延びた。

ヘナチョコ忍なりの『SEKIRO』サバイバル術

ゲームシステム等についてのレビューは、こちら ↓

『SEKIRO』の難易度

そもそも初心者でも楽しめる?

上述の通り、アクションのカッコ良さに惹かれて『SEKIRO』を購入した。
このカッコ良さが、最大のご褒美


「しめしめ」と敵の死角から隠密忍殺(ステルスキル)決める時、苦戦したボス(ほぼ全員だけど)を斬り崩して真正面から忍殺をぶちかます時、脳汁がドバーッ、ブシャアアア

自分が凄腕ゲーマーかと勘違い出来るアクションのカッコ良さに取り憑かれれば、初心者だろうとヘナチョコだろうと楽しめる。

ハマるには、始めが肝心

敵と斬り合い、弾き合いが出来るようになると、ぐんぐん面白くなる。

『ダークソウル』や『ブラットボーン』など全くプレイしたことがないので、1番最初はフロムソフトウェア的ボタン操作を覚えるのに集中

ほぼ全てのボタンを押すし、プレイしてきた他のどのゲームとも似ていない。
覚えるシステムも多いので、チュートリアルは丁寧に


「なんだよこれー!」と思いながらでも、序盤にじっくり練習する。
練習しているうちにコツを掴んで、いつの間にかどハマりすることになるし、「弾き」という『SEKIRO』の必勝スキルに早く慣れることが出来る。

最初こそ「何となく」や「ゴリ押し」で進まない方が面白さが分かるし、戦闘がかなり楽になる

ステルス好きにおすすめ

アクションの腕に自信がある、何度死んでも立ち向かい続ける根性と度胸いっぱいプレイヤーは、正面からガンガン斬り合いが楽しめる。

一方、『SEKIRO』では、ステルスプレイが最初から最後まで、しっかり通用する
そんなわけで、ヘナチョコ忍者が生きていける。


ステルスとは言っても、『メタルギアソリッド』みたいな本格派ステルスゲームではないので、かなりサクサクとステルスしていける。

難しすぎる?

発売から約2ヶ月。
ネット上には色々な口コミがあるけど、ヘナチョコ忍者でもクリア出来たくらいなので、大丈夫

もちろん、難しいし、厳しいし、甘えもゴリ押しも効かない

しかし、理不尽さはない
主人公のアクションも敵の挙動も、すんごーく上手く調整されている。

「え?なんで?」と不可解に負けることはない。
もちろん、初見の敵が強すぎて「え?はい?」となることはあるけれど。

ヘナチョコの探索

忍は忍ぶ

ボス戦以外では、フィールド中を雑魚敵がたらふく警備している。

しかし、序盤から終盤まで、どのエリアでも安全ステルスキルルートがある


全敵を隠密忍殺していくという、果てしなく忍らしいスタイルも狙える。

姑息だろうかなんだろうが、忍者なので忍んでいく。
大声で自己紹介しながら斬りかかっていくサムライ魂は持ち合わせてなくてもいい。

忍ぶ道

鉄砲や弓の遠距離攻撃部隊と、カンカンと鍋(?)を鳴らす警報機部隊は、目と耳がいい。

そういう敏感兵は、エリアの端の方にいることが多いので、ステルスルートは、端からぐるっと回って隠密忍殺していくように組み立てると安全。

次に巨体兵を隠密忍殺
巨漢との攻防は長引きやすく目立ってしまうので、「何じゃ?なんじゃ?」と周囲から敵がワサワサと集まってきてしまう。

一旦、ステルスルートを確立してしまえば、もはや自分の庭。

「死にゲー」だけど、探索中に死ぬことはあまりない

周りを見渡す、駆け抜けてもぎ取る

鉤縄は、意外なところに引っ掛けられる
「お!そんなとこに!」と思う鉤縄ポイントから行ける場所には、だいたい貴重品が置いてある。
特に頭上をよくよーく見る。

そして、敵がワラワラとたむろしている場所
中心地には貴重品が置いてあることが多い。

『SEKIRO』では、アイテム取った瞬間にアイテム説明が表示されてゲーム内が一時停止する。
それを利用して、駆け抜けてアイテムをぶんどっていくのもいい。

というのも、体力と体幹ゲージが上昇する「数珠玉」、そして、回復瓢箪を増やす「瓢箪の種」がちらほら落ちている
特に、強敵を倒さず手に入る数珠玉なんて、死んでも欲しい。

ヘナチョコの戦い

強敵も隠密忍殺

上述の通り、隠密忍殺ライフを送るが、中ボス(強敵)との戦いでも、そのライフスタイルは変えない。
ほとんどの中ボスは2回忍殺が必要だが、1回目は隠密忍殺出来ることが多い


ハンパない血しぶきが飛ぶ忍殺に耐えることが出来る驚異の強靭ボディをもつ強敵だが、かなり警戒レベルが低い。
しゃがみながら真横から近づいたり、頭上から飛びかかっても気づかれない

根性なし忍は、とにかく集中力が続かず疲れてくる。

強敵との戦いは、1ゲージ分で済むなら、それに越したことはない。

雑魚敵との隠密忍殺ライフで培ったコソコソスキルを活かすべき。

剣戟鑑賞会

斬り込み隊長ばりに隠密忍殺決めた後、中ボス2ゲージ目では、文字通り「死んでも」見逃してくれない。
そして、ボスは、もちろん1ゲージ目から全方位スキがない。

心折れずに挑み続けるほど「死にゲー」に慣れていないし、そもそも何度もボス戦に挑む根気が続かない。

なるべく早くボスに慣れて、斬り合いを楽しめるようになるには、始めの数回は、ボスの華麗な剣戟鑑賞会にしてしまう

敵の攻撃パターンを見るためだけど、「わぁ、つよーい、かっこいいー」と眺めるわけではない。
まあ、見惚れるくらい格好いいボスが多いんだけど。

剣戟鑑賞会では、自分の得意な攻撃パターンを探す
自分の「弾き」が合わせやすい、弾いた後に斬りやすい攻撃を見つける。
もちろん、逆に苦手なパターンも認識しておく。

そして、もう1つ。
弾きやガードで、異様に自分の体幹ゲージがたまってしまう敵の攻撃パターンを把握する。
その攻撃は、ダッシュやステップで避けるようにする。
自分の腕は全く信用出来ないので、事故が起こらないようにする。

前半と後半に分ける

ヘナチョコは、基本的に敵にチャンスを作ってもらう。
敵の攻撃を待って弾くスタイル。

そのなかで、得意な攻撃パターンが来た時に、2回斬る
「ここだー!」と何回もボタン連打しない、2発でガマン。

前半は、得意なパターンを全てモノにするくらい、しっかり斬り返しを積極的に狙う

敵の体力を一定量削ると、後半戦が始まる。勝手に始める。
ほっそり体型ボスは約1/4、がっしり体型ボスは約2/3 ~1/2削ったところから後半戦

後半戦では、ボスの体幹ゲージが回復しにくくなるので、「弾き」を頑張る
こちらからの攻撃は、あまり考えなくていい。

ボス戦中は、敵の攻撃を見分けるのに忙しいので、シンプルな目標にした方が頭がスッキリする。

危険は希望

敵の体力をしっかり削るのではなく、なるべく短期決戦になる体幹ゲージ溜めスタイル
なので、チャンスは絶対に逃さない姿勢。

「突き」に対する「見切り」、「下段攻撃」に対する「踏み付け」。
この2つは絶対に狙う。

分かりやすい攻撃モーションであることが多いので合わせやすいし、敵の体幹ゲージが大きく溜まる。

そして、ボスに張り付く
友達か恋人かのように傍にいる。

ほとんどのボスは、主人公より体格が良い。
戦国時代の日本に、こんな長身の人いたの?!と思うくらい、でっかい。
そして、どのボスも上質な斬れ味鋭すぎる武器を振り回している。

怖い。ボスは怖い。
でも、せっかく溜め込んだボスの体幹ゲージが回復しないよう近くにいる。

近くにいると、ボスはせっせと攻撃してくれる。

大助かり忍術

優先したスキル

上述の通り、私の操作する隻狼はステルスライフを送っていたので、ステルス関連の常在効果を最優先した。

それと、序盤にスキルポイント溜めまくって、忍殺すると体力回復するスキルも早々に習得。
雑魚敵が回復瓢箪に見えてくる素敵なスキルだ。

そして、お金やアイテムがドロップしやすくなるスキルも優先した。
後述するが、時々、出稼ぎキャンペーンを行う時に便利だった。
すぐ稼げる!と思えば、死んで所持金が減るのが気にならなくなる。

重宝した流派技

あまり多用しなかった、というより出来なかったけど。
それでも、一番使ったのは、中盤までは「奥義 浮き船渡り」、終盤は「奥義 仙峯寺菩薩脚」

敵の攻撃待ちスタイルなので、斬り込むためというより、敵に大きな隙が出来た時に素早くたたみ掛けられて便利だった。

義手忍具

こちらもあまり多用しなかった。
というのも、戦闘中は「弾き」と「斬り返し」で、頭も指も忙しい。

「上手く義手忍具使えたら、もっと便利で楽しいんだろうなあ」と思う。

そうは言っても、お世話になった。
アイテム説明に書いてある通りの基本的な使い方
獣に爆竹、飛ぶ敵に手裏剣、鬼に炎といった感じ。

優先して強化したのは、手裏剣と仕込み傘
仕込み傘は首無し等オバケ対策のためだけど、手裏剣はただ好きだから。
そんな程度にしか使いこなせなかった。

個人的に上手くいったこと

どっしり構える

上述したが、怖いこわいボスの近くに張り付いていたわけだけど、怖いからと言ってワサワサ動かない方がいい。


「弾く」「見切り」「踏み付け」全て左スティックを動かすと上手く発動しない

敵をロックオンしている限り、自動で正面に捉えてくれているので、敵の攻撃待ちしている時は、「よし、来いやぁあ!」な気分でどっしり構える。

うっかり敵の攻撃を食らってしまった時こそ、一旦、左スティックから指を離す

探索好きが功を奏した...のか?

初めて葦名城天守閣に辿り着いた時、『SEKIRO』初めてのボス戦で「ヤバいゲームを買ってしまった」と呆気に取られてる間に主人公の左腕を斬り飛ばした「犯人」がいた。

あれ?ラスボス?
勝手にクッパ大魔王(弦一郎)からピーチ姫(御子)を助け出す物語だと思っていた。
第1回戦、もちろんザクザク斬られた。

フロムソフトウェアのボスの絶望感が分かっていなかったので、「ああ、色んなところ行って強くなって来いよってことか。この人、流石に強すぎだもんなー」と、これまた勘違い。

先に葦名の底や仙峯寺を探索していたので、余計に勘違いしてしまった。

しかし、仙峯寺のお堂に着いても、落ち谷でも先に進めない。
何かがおかしいけど、よく分かんないから、久しぶりに天守閣へ。

色んなところをぶらぶら散歩してたお陰でステータスが強化されていて、序盤の難所と言われる「左腕の復讐戦」で心折れなかった。
もちろん、何回も負けはしたけれど。


天守閣に初めて行った時点で挑み続けてたら、心折れてたかもしれない。

紫色の炎から逃亡

仙峯寺の「鐘鬼のお堂」を見つけて、「何だこれー?」と探険していたら、暗い洞窟で「首無し」に初遭遇。
異様な見た目と恐怖の「怖気ゲージ」、そして、執拗にお尻を狙ってくる。
完全にトラウマ

攻撃が効く「神ふぶき」は、勿体無い。
というのも、自分の腕を信じない余り「絶対死ぬから消費アイテムが無駄になってしまう」と、消耗するサポートアイテムを縛っていた


紫の炎が見えたら、全て逃亡していた。
それでもストーリーは進むし、「あいつらは、凄腕ゲーマ向けのオマケオバケだろうなー、自分には一生ムリだなー」と完全に無視。

しかし、終盤になると「神ふぶき」が買えるようになり、仕込み傘の強化も出来て、まともに戦えるようになる。


ヘナチョコは準備が整ってから、悪霊退散に出掛ける。

咳の音は聞こえない

デスペナルティとして発生する「竜咳」。
咳・息切れが苦しい病。

死にまくっていると、ゼェゼェゴボゴホ聞こえてくる。
いや、聞こえない。フリをする。

竜咳を治す「竜胤の雫」は貴重品なので、皆さんには申し訳ないけど、ホイホイ使えない。
もちろん、神の奇跡「冥助」には頼らない。

NPCイベントを何人か分ためておき、「竜胤の雫」を使って一気に進める。
その間は、強敵にちょっかい出さず、安全第一で話を進める。

出稼ぎキャンペーン

冥助に期待出来ないので、稼ぐ時は稼ぎのみに徹する。

消耗品をケチるので「状態異常を防ぐ瓢箪」や、何故か店頭に並んでいる「数珠玉」や「瓢箪の種」を買う時に出稼ぎに出た。
そして、ボスに負け続けて拗ね始めた時。

お金を稼ぐのは、葦名城「武者侍り」と「名残り墓」周辺
「武者侍り」は、敵は少ないけど、1人1人がお金持ち。
「名残り墓」周辺は、安全に確実に稼げる。
「名残り墓」から「天守閣」までの葦名城マラソン大会を開催することもあった。

スキルポイントを溜めるには、「水生村」
弱小雑魚敵ばかりだけど、大量に湧き出て来るので、夢中になって倒しまくっていると、いつの間にかスキルポイントが溜まっている。

終盤では、「源の宮」の貴族狩り
貴族はやはりお金持ちでスキルポイントも貴い。

印象に残るところ

苦労した強敵

最後までプレイしてみて振り返ると、自分でもびっくりだけど、「火牛」が1番きつかった
「このゲーム向いてないのかも」と本気で詰むかと思った。

それまで「こういうことだろう」と思ってた「弾き」「斬り」合いが出来なくて、「はあ?」となって、よく分からなかった。

結局、全体を通してみても「火牛」は異質な気がする。
アップデートで弱体化したらしいけど、確かに納得。
避けまくって、チクチク斬っていく『SEKIRO』っぽくない敵だった。

圧巻の和風景

血生臭い戦いに、蟲付きとか言う魑魅魍魎、エゲツない戦いが繰り広げられるが、背景は静かで厳か

戦火がゴーゴーと燃えてても、暴れ狂う猿がいても、どこか静寂さを感じる。

いい雰囲気だなあと思いながらプレイしていたけど、その魅力が大爆発したのが「源の宮」

突如、スクショ撮る手が止まらなくなった。
本当に本当に美しいエリア。
そこにいるイカ宇宙人な風貌の貴族は、気味悪さ抜群だっけど。

切ないストーリー

御子を守ってあげたい感が自然と湧いてくるいいストーリー。

しかし、御子の仰せのままに「御意」「御意」って言ってると、切ない結末に。

NPCイベントでは、穴山さんと小太郎の結末に涙した。

全体通して、かなり感情移入してしまう、いいストーリーだった。

弦一郎の圧到的主人公感

生い立ちがやや複雑、国のために禁術に手を出す、人間やめる覚悟の崖っぷちさ。
何より、初めて巴の雷をまとった姿を見た時のカッコ良さと体格の良さ。

弦一郎の物語が主人公のゲームが出来そう
最後の最後まで大活躍して欲しかった。

剣聖とは

ネタバレになるけど、剣の超達人が槍と鉄砲出してきた時に、「え?剣じゃなくて?」と思った。
剣豪だからこそ、「戦ってみたい」とは思っていたが、なぜ戦うのか不思議にもなった。

一般忍者くらいにはなったかも

「ガード?カウンター?そんなもの飾りでしょ」と脳筋プレイが大好物のヘナチョコだったが、『SEKIRO』をプレイしたことで、「敵をよく見る」とか「丁寧に戦う」ということを学んだ

相変わらず根性無しなので、連続で何十回も挑み続けたり、長期戦に粘り勝つっていう正統派(?)「死にゲースタイル」はムリ。
そんなヤツでも工夫すれば集中力きれない程度で攻略出来るよう作られているのって、本当にすごいと思う。

これまでのフロムソフトウェアのタイトルをプレイしてこことがないので比較しようがないけれど、本当に最高で最強のゲーム

ゲームの内容もだけど、プレイしていた時の自分の気持ちとかの記憶が色濃く残りそう。

自分が見た範囲で出来る限りストーリーをやってみたが、クリア後に攻略サイトを見てみたら、もっともっと気になるNPCイベント、そして何より他のエンディングがあることを知った。

「難易度上がるらしいけど、2周目以降に挑戦してみちゃう?」と、ヘナチョコ忍はちょっと調子に乗っている。